忍者ブログ

工事中につきご迷惑おかけしておりますm(__)m

HOME ブログ おしごと BOOKS
Home > Blog > mgmg 手弁当

[PR]

2017.11.23 Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

材料
(玉子焼き)
・卵
・白だし
・みりん
(三色野菜の和え物)
・いんげん
・もやし
・人参
・ポン酢
(牛蒡のおかか煮)
・牛蒡
・人参
・醤油
・酒
・鰹節
(三つ葉とじゃこの混ぜご飯)
・三つ葉
・じゃこ
・ご飯(写真のは麦飯)

この和え物は、夏場はお弁当には傷みそうな予感。彩りはよいです。おかか煮は牛蒡と人参を下茹でしてから、被るくらいの水と調味料を入れて煮詰め、鰹節をまとわせました。玉子焼きの白だしは、使わないとなくならないので渋々。いつもは出汁入れずにやいちゃいます。じゃこと、さっと茹でた三つ葉を混ぜたご飯はさっぱりと香りもよくてなかなかおいしかったです。胡麻も合いそうでしたが、あえてはずしました。なくても充分でしたよ。




拍手

PR
呼子で買ってきた鯵のみりん干しがメインです。

材料
・鯵のみりん干し
(南瓜とじゃこのサラダ)
・南瓜
・しらす
・酢
・胡麻油
・醤油
(おひたし)
・白菜
・しめじ
・鰹節
・醤油

南瓜のサラダは『野菜ひとつのおかず』から、ネギも入れるようでしたが、そこは外しました。中華風の不思議なサラダでした。おいしかったですが、南瓜自体がおいしかったから、シンプルに行きたかった気もします。そもそも、南瓜は炭水化物が多いので、一品にするにはバランスが悪かったとちょっと失敗気分です。
食後はパン屋さんまでお散歩してきました。秋晴れのもと、気持ちいいですね♪




拍手

去年はお弁当持ちでした。ダイエットの一環でしたが、代わりに外に出なくなってプラマイゼロという結果。そんなことを思い出してお弁当にしたわけではありませんが、外食が続いたせいか、手料理が恋しくなりました。

今日の材料
(手羽先の味噌煮)
・手羽先
・大根
・人参(メークイーン)
・酒
・みりん
・味噌
・塩
・生姜
(切り昆布のツナ炒め)
・切り昆布
・ツナ
・醤油
・胡麻油
(人参の梅醤油和え)
・人参
・干し椎茸(カット済みのもの)
・梅醤油

手羽先の味噌煮は母の料理。お弁当に入れる時には骨をはずすとよいです。切り昆布とツナは、彼には以外だと言われましたが、海のもの同士、合わないわけがありません。人参の味付けは日田で買ってきた梅醤油、もったいぶらずに開けました。干し椎茸を入れた鍋を沸かして、煮たったら千切り人参を投入。さっと湯がいてザルにあけたものを梅醤油で和えました。梅酢のような熟成されたイメージであけましたが、果汁を絞ったような爽やかでみずみずしい梅の香りがする醤油で、ほんのり椎茸出汁をまとった人参が上品な一品に仕上がりました。
ご飯にのせたのは呼子で買ったじゃこ。お土産弁当になりました。




拍手

塩豚の残りをじゃじゃ麺の残った味噌で炒めてお弁当にしました。

材料
・塩豚
・茄子
・ピーマン
・じゃじゃ麺の味噌
・南瓜
・枝豆
・ご飯
・いぶりがっこ

塩豚はバラ肉だったので、最初に焼いて出た脂はペーパーで拭き取りました。そこに茄子とピーマンを入れて炒め、味噌で味付け。南瓜はレンジ蒸し。枝豆は茹でた茶豆を楊枝に刺して彩りも兼務です。
ご飯にのせるものが見つからなかったので、秋田土産に買った個包装のいぶりがっこを二切れ。かなりの手抜き弁当でありました。




拍手

普段のご飯を考えると、お弁当のおかずは3品で充分だと考えているヒナです。割合は肉:野菜:ご飯=1:2:3。これは家庭科の授業で習いました。
今日のお弁当はその割合がぴったり。組み合わせとか彩りとかはパッとしませんが、まぁ、悪くないお弁当だと…と、自画自賛しておきます(笑)

材料
(タンドリーチキン)
・鶏もも肉
・クミンパウダー
・ターメリック
・チリパウダー
・塩
・生姜
・にんにく
・プレーンヨーグルト
(切り干し大根の煮物)
・切り干し大根(人参入り)
・干し椎茸
・みりん
・醤油
(小松菜のおひたし)
・小松菜
・鰹節
・醤油

タンドリーチキンは前夜から仕込んでました。ビニール袋に鶏肉を入れ、すりおろした生姜とにんにく、他の材料を適当な量入れて揉み込みます。レモン使って二段階で漬け込んだりもしますが、家で食べるにはこれで充分。スパイスや塩気はちょっとキツいくらいの方が、私は好みです。
タンドールで焼くのがタンドリーチキンですが、勿論我が家にあるわけないので、代わりに魚焼きグリルが好評ですがそれも面倒くさいので、フライパンで焼きました。
ご飯にのせた梅干しはしんどーさんからの頂き物。柔らかくてすっぱくて、おいしいです~♪ 食卓にじゃんじゃん登場させますね。ありがとうございました☆




拍手


残り物弁当

2011.08.17 Wed
真夏にはリスクが高い。


拍手

ご飯に佃煮だけのせて持参。スーパーでひじきのサラダと鯵の竜田揚げを購入。パックのままもあれなので、お弁当箱にうつしてみたぞの図。




拍手

こんな肉料理があった気がしたんだけど、全然出てこないのです。。

材料
(謎の挽き肉料理)
・挽き肉
・卵
・塩
・たっぷりの胡椒
(ピーマンの味噌炒め)
・ピーマン
・味噌
・みりん
・生七味
(切り干し大根の和え物)
・昨日のもの
(ゆかりご飯)
・ゆかり(小田原土産)

卵と挽き肉、ピーマンでスパニッシュオムレツにしようかと思ったけど挽き肉の量が多く、玉ねぎが半端に残るのも嫌だったのでこんなことに…。臭み消しのつもりで胡椒をたっぷり効かせて塩だけで味付けたから、ご飯のおかずにも酒の肴にもなりそうだったけど、うーん。なんだろう。食べたことがある気がするけど何か分からないモヤモヤが。多分、アフリカ料理とかそういうのだと思う(笑)

拍手

10連勤越えの彼の食生活が危なくなってきたので、お弁当を作りました。継続できるかは…怪しいです。

材料
(豚肉の生姜焼き)
・豚ロース薄切り
・玉ねぎ
・生姜
・醤油
・みりん
(キャベツのおひたし)
・キャベツ
・鰹節
・ポン酢
(切り干し大根の和え物)
・切り干し大根
・胡瓜
・あみえび
・塩
・酢
・醤油

生姜焼きはショートカット版。肉と玉ねぎを炒めたところに、調味料を入れて味付けです。案の定、硬かったです(汗) 切り干し大根の和え物は、いろんなレシピをインスパイアして産み出した自信作。胡瓜は余った漬物(三五八漬けがベスト)で作るとなおヨシです。千切りにした胡瓜を塩もみしてしんなりさせたものと、戻してさっと湯がいた切り干し大根、あみえびを混ぜて、お酢を効かせた調味料で和えるのです。エビの風味がよく、三五八漬けだと米の香りや甘味も入るので、かなり上品な小鉢に仕上がります。
ご飯は冷凍していた白エビの炊き込みご飯。明日はちゃんと炊こう。

拍手

 back   home   next 


admin/write
書いている人:ヒナ
食べるために仕事をしている、安月給のミソジ女子(笑)。東北出身。横への成長を食い止める努力をしないとと思いながら食べることをやめられない日々を送っている。
comment
[03/10 ヒナ]
[03/10 ヒナ]
[03/08 しんどー]
[03/08 しんどー]
[11/30 ヒナ]

忍者ブログ [PR]