忍者ブログ

工事中につきご迷惑おかけしておりますm(__)m

HOME ブログ おしごと BOOKS
Home > Blog > mgmg ご当地物

[PR]

2017.09.26 Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実家のご近所さんからいただいた、手作りの「がんづき」を朝ごはんに食べました。「がんづき」は岩手や宮城で作られている郷土菓子。黒糖入りの蒸しパン、という感じです。家では作りませんでしたが、たまに貰ったり買ったりして食べた懐かしいおやつ、もちもちしておいしかったです。

拍手

PR

泉平のお稲荷さん

2011.10.07 Fri
関内の街角にある、老舗の稲荷屋さん「泉平」のお稲荷を彼が買ってきてくれました。
細長いお揚げは歯ごたえがあり、ご飯がたっぷりつまっていて食べごたえ充分。お揚げ三枚分を半分に切った6個が一人前、写真の量は二人前ですが、朝ごはんには少し多くて、半人前食べました。甘味が強いお稲荷さんで、朝から目が覚めました。




拍手


赤司日田羊羹

2011.10.02 Sun
日田でお土産に買ってきた日田羊羹、一週間置いておいたら、すっかり表面が糖化して、理想的な食べ頃になっていました。一枚物と呼ばれるこの羊羹は、アルミパックではなく昔ながらの箱入りなので、時間がたつと乾燥して、表面がサクサクになるのです。
見た目は甘そうでしたがそんなことはなく、小豆の香りがする奥深い羊羹でした。何より、サクサクの表面ともちっとした中の食感の違いが楽しいです。切り分けて職場へのお土産にもっていきましたが、なかなか好評でした。勿論自分用のお茶請けにも。端っこなんか、砂糖菓子みたいでとってもおいしかったです。




拍手

昨日の夜に行ってきた「牧のうどん」で、かしわごはんをテイクアウトしてきました。お弁当400円のところ、おかず抜きでごはんだけいただきました。たっぷり、茶碗で大盛り2杯分といったところです。
刻んだ鶏肉と根菜、油揚げが入って、味付けはちょっと甘めでオイリー。場所は正反対ですが、青森のおばあちゃんが作る炊き込みご飯に似ている気がしました。
おにぎりにして、朝ごはんに一つ食べました。いくらでも食べられちゃうご飯です♪




拍手

たまにはリアルタイム更新。

風邪をひいてしまいました。風邪にはビタミン!と、冷蔵庫から取り出したのは濃縮柚子ドリンク。カルディで800円近くしましたが、高知県産の手しぼり柚子と、砂糖とアカシアのはちみつだけで作ったもので、6倍希釈だから損はないです。勿論これが、かなりおいしい。自然の甘さだけだから体にも優しいし、元気が出ます。
たくさん汗かいて、早く治すぞ!

原材料名 柚子果汁・砂糖・アカシアはちみつ
内容量 360ml
製造者 (有)さめうらフーズ




拍手


秋田銘菓 さなづら

2011.08.21 Sun
同期のリクエストで買ってきた、秋田土産です。秋田駅周辺で買えましたが、道の駅とかではみかけません。
山葡萄が入ったジャムを寒天で固めた甘酸っぱいお菓子で、山形ののし梅に似ています。ただ、こちらは竹の皮風の厚紙。でも楊枝が入っていて上品。濃縮した葡萄ジュースのようで、噛むと口いっぱいに甘い葡萄が広がります。
このさなづら、緑茶よりも紅茶と合わせるとぴったりです。

原材料 砂糖、ミックスジャム(水飴、杏、みかん)、ゲル化剤(ペクチン)、香料、山葡萄液、観点、葡萄果皮色素、酸味料
製造者 (株)菓子舗 栄太楼


拍手

GWに泊まりに来た盛岡の友人から、お礼が届きました~♪ 他にもたくさんすぎるほどのお客さんが集まってしまい、すっかり雑魚寝させてしまったのに、申し訳ないですが、ありがたくいただきます。
半解凍の状態で切り分けたら、パッパニーニョの豆を挽いてコーヒーを淹れたころにはほどよい溶け具合。少し凍ったくらいがいいじゃないですか。
チロルのチーズケーキは、ベイクドですが小麦粉をつかっていないので、ふんわりとして口融けがよいのです。いつの間にか工場もできて有名になりましたが、大通りの喫茶店はそのまま続けて欲しいです。
ハイアップさん、ごちそうさまでした!今度はゆっくり、遊びに来てくださいね♪




拍手


三関のさくらんぼ

2011.07.19 Tue
市民市場で買ったさくらんぼは職場へのお土産です。市場には秋田以外の物もたくさんあったので、店のおじちゃんに「どこで採れたものですか?」と聞いたら、「三関だよ!」と即答されて困りましたが、秋田県の南東に位置する湯沢市の地名だったみたいです。さくらんぼといえば山形ですが、三関のさくらんぼは日本一の品質と言われるくらい良質だそうで、大粒でとても甘いさくらんぼでした。

拍手

仙台で駅弁購入。押し寿司の中でも女川の名前が入った、えんがわずしにしました。「女川で捌いた」とあるだけなので恐らく女川産ではありませんが、震災後の女川の人たちがこれで生計を立てられるのなら、喜んで支援します!
と、あまり期待しなかったのですが、見た目も美しく、脂のりのよりえんがわとご飯に混ざったシソの風味が絶妙で、電車旅でのビールのお供に最適な予感。が、ビールは早朝だったので断念しました。合わせてあるのがライムってのも洒落ています。次回は帰りの新幹線で、ビールと一緒に、ですな。

拍手

スーパーで安かったのです。これも原発の煽りでしょうか。
甘さ控えめですが、とろっと濃いめです。ほどよい酸味も◎

原材料名 生乳、砂糖、フラクトオリゴ糖
製造者 酪王乳業株式会社

拍手

 back   home   next 


admin/write
書いている人:ヒナ
食べるために仕事をしている、安月給のミソジ女子(笑)。東北出身。横への成長を食い止める努力をしないとと思いながら食べることをやめられない日々を送っている。
comment
[03/10 ヒナ]
[03/10 ヒナ]
[03/08 しんどー]
[03/08 しんどー]
[11/30 ヒナ]

忍者ブログ [PR]